["お経の曲"の話]

 中島です。


 前回のブログにて3/1ワンマンでは「お経の曲」を披露すると書きました。これがどんな曲か、予め説明しておきたいと思います。


 元々は2006年に作った曲です。母の遺言をきっかけに制作しました。

 母は膵臓がんで入院していて、自分の告別式で俺の曲を流してほしいと言いました。

 でも、亡くなるまでには作る事が出来ませんでした。母が死ぬ事を前提として歌詞を書くことが出来なかったからです。

 彼女の希望に応えられなかったのが心残りだったので、告別式後に制作したのがこの曲です。当時はとにかくお経を聞きまくったので、自然とお経のような曲が出来ました。母が好きだった踊り、花、雪、あとお喋りとかお洒落とか。供養になればと、そんな内容を盛り込みました。


 そういう、極めてプライベートな曲です。なので世に出すつもりもありませんでした。世間様に自分の母親の話をする理由もないし。


 ところが、しばらく前に


   親父「やれ」

   俺「断る」