[和太鼓の音の話・3]

最終更新: 2019年9月3日

 先日16日は毎年恒例ワンマン・Kimono Rock Party vol.11 でした。ご来場の皆様、ありがとうございました。

 これまでで一番暑苦しいセットリストでした。途中、桶胴太鼓担当の平くんが電池切れたみたいになってて、過呼吸か何かかな?と心配でした。やっぱり和太鼓は体力を消耗しますね(他人事)。


 さて、数ある打楽器の中でも和太鼓の耐久性は恐らく群を抜いて優れています。全力で打ち込んでも壊れません。むしろ全身で打ち込む奏法こそが楽器の特徴にもなっています。そのためレッスンでは「打ち姿は大きく伸びやかに」と教わります。でもそういった奏法だけでは、和太鼓の音は単純になってしまいます。


 例えば次の画像の例ですが



 耳だけで聞けば1小節目も2小節目も同じ音になります。和太鼓は音符の長さをコントロールする事ができないので...


 でも、求める音のニュアンスが違う事は楽譜から伝わってくると思います。口唱和にしてみ