[BATI-HOLIC が出来るまでの話・4]

最終更新: 2019年9月3日

 結局の所、大学時代からの仲間と過ごす時間の心地よさには抗えなかったという事です。頑張って会社員やってたつもりだけど、やっぱりどこか、そこから逃げ出したい気持ちもあったかもしれません。今振り返って見れば、そう思います。

 そんな、モラトリアムの続きみたいな動機で始めた活動だから後々苦労する事になる…というのはまた別の話。


 さて、公演をやるからには団体名が必要だろう、という事でみんなで考えました。この時、先輩のゆっこさんが提案したのが「BATI-HOLIC」でした。全会一致ですぐに決まったけど、当初案は「BATI☆HOLIC」で、つのだ☆ひろリスペクト感が出過ぎていたので☆は無くすようお願いしました。


 以降、「平くんに誘われた東京公演」は「BATI-HOLICの旗揚げ公演」になりました。


 平くんは公演の企画責任者として、充は舞台部門のチーフ、俺は演出助手として。そして黒さんはモチベーター兼コンセプターとして、グループを牽引しました。その頃松上はまだ童以下ry


 黒さんの付けた公演タイトルは「ドンシャカピーポー」でした。

 「ドンは太鼓、シャカは鳴物、ピーが笛でポーが唄。賑やかな公演という意味の他、BATI-HOLIC の楽器編成を表す言葉でもある!」と真顔で説明されましたが「ポーが唄」はこじつけとしか思えませんでした。あと踊り演目もあったのにそこには触れられていませんでした。当時は真顔で冗談を言う芸風に挑戦していただけかもしれないので、今度聞いてみようと思います。


<